会社設立代行費用

会社設立を代行業者に任せる場合、気になるのが費用はどのくらいかかるのかという点です。
一般的な会社設立費用は株式会社でおよそ200,000円から240,000円、合同会社で100,000円から60,000円で、このほかにも資本金や各種手数料もかかります。
会社設立時には何かとコストがかかりますで、できるだけコストを抑えたいと考えている経営者が多いですし、コストをかけるならかけるだけの価値がなければ納得できないでしょう。

それでは会社設立代行業者を利用した場合の費用ですが、これは利用するプランによっても異なりますし、どこの代行業者を利用するかでも違います。
しかし一般的にすべて代行業者に任せるプランだと通常の会社設立費用と同額〜少し多い程度で抑えられるので、まったく知識がない状態からスタートするなら利用する価値はあるでしょう。

また一部のサービスだけ利用できるプランもあって、たとえば定款の作成・認証は専門性の高い手続きになりますから、詳しい人に任せた方が早いと考える人も多いです。
現在定款は電子定款がスタンダードですが、そのためには専用のソフトも必要としますのでその導入コストを考えても代行業者に任せる方がメリットはあります。
電子定款で作成・認証まで行うとだいたい50,000円程度で、公証人手数料50,000円かかることと紙の定款なら40,000円かかることを考えればかなりお得になると思います。

さらに自分で手続きをしたいけど、知識がないのでアドバイスを受けながら進めたいという人のプランもあって、この場合一般的な会社設立費用と同額程度で手続きが可能です。
代行業者があらかじめ計画した通りに進めるだけなので簡単ですし、会社設立の流れを把握できるので、経験という点では一番いいプランかもしれません。

これから会社設立代行業者を利用したいと考えているなら、プランの選択はもちろん費用の面でも比較してみましょう。