会社設立代行業者のメリット

会社設立代行業者を利用して会社設立するところが増えていますが、こういった代行業者を利用するメリットはどんなところなのでしょうか?
これは代行業者のタイプによって異なりますので、それぞれの強みを生かしたところがメリットになります。

まず会社設立代行業者には総合的なサポートをしてくれる、いわゆる会社設立専門業者もあれば、会計事務所や司法書士・行政書士事務所といった資格系のところもあります。
会社設立代行業者のメリットは総合的なサポートをしてくれるということで、まったく知識のない状態でも会社設立手続きができるところにあり、ゼロから学びながら進められます。
スケジュールは打ち合わせによって決めますので、自分の希望に沿ってできることが多く、その点もメリットと言えるでしょう。
税理士や司法書士が所属しているところや、事務所と提携しているところもあるので書類作成や手続きの代行をしてくれるところも多いです。

次に会計事務所を利用するメリットですが、ここは税理士が在籍しているので税金関係や資金調達などお金に関することには非常に強いです。
企業は常に税金がついてまわるもので、法人税や消費税、所得税などいろいろな税金がかかりますから、どれだけ節税できるかというのもポイントになります。
そういった面のアドバイスを会社設立前に受けられるのは大きなアドバンテージになるでしょう。

そして司法書士の場合は法務局へ提出する登記書類の作成が可能なので、定款の認証が終わった後の作業もスムーズに進められるメリットがあります。
書類作成を中心に依頼したいなら司法書士が一番おすすめで、基本的にNGな書類はありません。

行政書士は法務局へ提出する登記書類の作成はできませんが、定款の作成は可能なので、定款だけ頼みたい場合にいいと思います。
定款は誰もが苦労するところで、基本的にどこかに依頼するケースがほとんどなので、ここだけを依頼したいという人も多いです。