代行スケジュール

会社設立代行業者を利用した場合、会社設立までどのようなスケジュールになるのでしょうか?
初めて会社設立する人の中には会社設立代行業者の利用を検討している人も多いと思いますので、ここでは一般的な株式会社を設立するときの代行スケジュールを紹介していきます。

まずはじめに依頼する前に発起人となる人たちの間で会社名や会社の所在地、事業内容を決めます。
これは会社そのものをどういったものにするかということですから、明確にしておいてください。
同時に資本金の額も決めておき、それに見合った運営ができるだけの準備もしておかなければなりません。

次に会社設立代行業者へ申し込みをして、設立日とその後のスケジュールの打ち合わせをします。
そのときに印鑑証明書の準備を求められると思いますので、あらかじめ用意しておくとよりスムーズになるでしょう。
申し込みはインターネット上からやる場合もあれば、代行業者まで足を運ぶ場合もありますので、その点は確認しておいてください。

そして申し込みが終わったら定款の作成に移りますが、これは基本的に電子定款で代行業者がすべてやってくれます。
定款の作成が終わったら公証役場へ認証手続きに行きますが、この手続きは経営者自身が行うところもあれば代行してくれるところもありますので、打ち合わせの段階で決めておきましょう。

定款の認証が終わったら資本金の振り込みを行って法務局へ提出する登記書類の作成をし、それが終わったら登記書類の提出をします。
登記書類の作成は税理士や行政書士ではできませんので、ここも依頼するなら司法書士のいる代行業者に依頼する必要があります。
また提出も定款の認証時と同様に代行してくれるところもあれば、自分でやらなければならないところもあります。
登記が終わったら登記簿謄本や印鑑証明書を受け取って手続き完了となりますので、ここで代行業者の役目は終わるところがほとんどです。
ただこの後も税務署への届出等がありますので、その後のスケジュールも確認しておきましょう。