代行業者は資格を持っている?

よく会社設立手続きを代行すると宣伝している業者がありますが、こういった会社設立代行業者はほとんどの場合資格所持者が在籍しています。
会社設立代行業者の中には書類作成から登記手続きまですべて代行してくれるところもあれば、ピンポイントで利用できる業者もあるようですが、これは資格所持者がいるかいないかで決まると言っていいでしょう。

まずすべての手続きを代行してくれる業者には税理士・司法書士・行政書士といった資格を持つ人が在籍しているケースがほとんどで、資格所持者が書類作成と手続きの代行を行います。
そこに在籍していないにしても、提携している事務所があり、そこへ書類作成等を依頼して代行するというスタイルを取っています。

したがって会社設立を専門としている業者は基本的に会社設立までの準備をすべて任せられるところが多く、初めて経営者になる人や時間に限りのある人にはおすすめでしょう。
また、最近では会計事務所も会社設立準備の代行をしてくれるところが増えていますが、こういったところは税理士が在籍しているので税金についてはもちろん資金調達や創業融資、補助金などお金に関する有益なアドバイスを受けられるメリットがあります。

ただし税理士のみが所属している場合、法務局へ提出する書類の作成はできませんので、そこは他に依頼するか自分で行うことになります。
また顧問契約を前提にしているところがほとんどですから長く付き合っていきたいと思えるところを選んでください。

そのほかにもすべての代行業務はできないものの、定款の作成のみを行っているところもあれば、会社設立の流れを伝えてくれるところもありますので、自分に合ったところを選んでください。
最近では会社設立代行業者そのものの数が増えていますので、特徴をよく把握するだけでなく各業者の評判なども参考にしたほうがいいでしょう。

そういった見極めができればうまく利用できると思いますので、準備にも大いに役だつはずです。