会社設立代行業者の選び方

会社設立代行業者は初めて会社設立する人や、手続きや準備にかける時間を短縮したい人にとても役立ちますが、選び方はどのようにすればいいのでしょうか?
ここでは用途に応じた選び方をするためのポイントを紹介していきますので、これから会社設立代行業者の利用を考えている方は参考にしてください。

はじめに会社設立代行業者とひと言で言っても、いくつかバリエーションがあります。
まずもっともよく知られているのが会社設立業務を総合的にサポートしてくれる業者で、よく会社設立専門と宣伝しているところです。
こういったところは比較的低価格で利用することが可能ですし、司法書士や税理士などの資格を持った人もいるので書類作成業務も任せることができます。
またプラン内容も豊富で、手続きをすべて代行してくれるプランもあればアドバイスに沿って自分でやることもできます。
さらに顧問契約の必要がないので、会社設立のときだけ利用できるのも特徴でしょう。

次に会計事務所や司法書士事務所、行政書士事務所といった専門資格を持った人が集まる事務所を利用するケースもあり、こういった事務所の特徴はどの資格なのかによって異なります。
まず会計事務所の場合は顧問契約を前提としているところが多く、その代わりに会社設立準備の手続きから設立後のサポートまでしてくれます。
次に司法書士事務所の場合、書類作成に特化しているところが多く、顧問契約の必要はありませんが、すべての準備を代行しているところはあまり多くないでしょう。
最後に行政書士事務所ですが、行政書士の資格は法務局へ提出する登記書類の作成はできませんので、それ以外の書類作成を依頼するときに限られます。

このようにどこに依頼するかは特徴に応じて決めなければいけませんから、まずはどこがどういう特徴を持っているのか把握してください。
そして総合的に見て自分でやったほうが良いのか、どこかに任せるべきなのかを判断しましょう。