自分でやる場合の費用

会社設立に関する話題になると必ず「自分でやる方がいいのか代行業者に任せる方がいいのか」という話になりますが、実際にこれはどちらがお得なのでしょうか?
まず費用を比較してみると、自分で株式会社の設立手続きをする場合、公証人手数料50,000円、定款の収入印紙代40,000円、登録免許税150,000円が必ずかかります。
このほかにも謄本の交付手数料を加えると242,000円が最低価格と言えるでしょう。
定款を電子定款にすれば収入印紙代の40,000円をゼロにすることができますが、そのためには専用ソフトの導入であったり必要な知識を身に着けたりと自分でやるだけで収入印紙代以上のコストと時間がかかる可能性があります。

次に代行業者に任せて行う場合、まず電子定款で行うのが基本なので会社設立費用そのものが大幅にカットされます。
公証人手数料と収入印紙代で92,000円かかっていたのが、およそ50,000程度になりますし、その他依頼手数料がかかったとしてもトータルで200,000円強でできてしまいます。
したがって自分でやるから費用がお得になるというのは間違いで、代行業者に任せたほうがお得になることも多いのです。

もともと会社設立の知識があり、電子定款の導入コストもかからないのであれば自分でやるほうが費用はかかりませんが、そうでないなら代行業者に任せたほうがいいかもしれません。
ただ自分で手続きをすることによって、会社設立を学べるというメリットがありますから、経験という面では自分でやるほうがメリットがあります。

しかし最近では自分で手続きをするプランも用意されていて、あらかじめ代行業者が用意したスケジュールに沿って自分で手続きをしていくことも可能です。
これなら初めて会社設立する人でも安心ですし、費用も一般的な代行業者を利用するのと変わりませんので、経験面でもコスト面でもおすすめです。
このように自分でやるにしてもうまく代行業者を利用するのがポイントと言えるでしょう。