会社設立を代行してもらうには?初めての会社設立

近年、自分で事業を起こしたいと考える人が増えましたが、その背景には会社設立をしやすくなった点があげられます。
たとえばそれまで最低1000万円の資本金を必要としていた株式会社が会社法の改正によって資本金の設定を廃止しましたし、インターネットの世界的に普及によって小規模な企業でも大きなマーケットに参加できるようになった点は大きいでしょう。
旧会社法のときには株式会社を設立することはハードルが高いイメージがありましたし、マーケットの幅も狭かったので準備も今より入念に行う必要がありました。
もちろん今でもきちんと準備をするという点では同じですが、マーケットの幅が広がればそれだけチャレンジできる機会も増えますので、現在の方が圧倒的に事業はしやすいと言えます。

そして会社設立しやすくなった理由として非常に大きいのが会社設立手続きを代行してくれる業者の存在で、こういった業者が増えてきたことにより、会社設立はさらにしやすくなったのです。
一般的に会社設立するとなると、まず会社名を決めたり会社の所在地、事業目的などの設立準備からはじまって、定款の作成・認証、登記書類の作成・申請、開業の届出とひとつひとつの場面で手続きをしなければなりません。
もともと会社経営の経験がある人なら一連の流れも慣れているでしょうし、ノウハウも心得ているかもしれませんが、初めて会社設立する人はすべてがはじめてになります。
中には専門的知識を必要とする手続きもありますし、手続きをしに行くところの営業時間も決まっているので、働きながらやっていくのは結構大変なのです。

たとえば定款は今電子定款で行うのが一般的になっていて、これは紙の定款にすると収入印紙代が40,000円かかりますが、電子定款にすると無料になるからです。
しかし電子定款を作成するためには専用のソフトを必要としますし、作成の知識も必要になりますから、思ったより時間もコストもかかってしまったという結果になりかねません。
会社設立代行業者ではそういったまったく初めての人でもスムーズに会社設立できるようなサポートをしていますし、実際に利用した人の多くは満足しています。
分からないことがあればアドバイスを受けながら進めていけますし、会社設立後もしっかり自分で経営できるだけのサポートを受けられますので、ただ手続きだけをしてくれるわけではなく、経営者の立場に立ったサービスを提供しています。

また、会社設立の資本金の設定はなくなりましたが、設立のための費用は必要で、これは会社の形態によって違います。
株式会社の場合は公証人手数料が50,000円、定款の収入印紙代が40,000円(電子定款の場合は0円)、登録免許税が150,0000円かかりますし、合同会社の場合は定款の認証が必要ないので公証人手数料は0円、定款の収入印紙代が40,000円(電子定款の場合は0円)、登録免許税が60,000円になります。
したがって株式会社の場合、最低でも200,000円程度、合同会社の場合は60,000円程度は必要になります。
このほかにも各種手数料が発生しますから、実際にはもう少しかかりますが、会社設立代行業者を利用した場合、コストはだいたい株式会社で200,000円程度だと言われています。

それでは会社設立代行業者を選ぶときにはどのような点を重視すればいいのでしょうか?
これはまず数が多いので十分な比較ができるだけの情報収集をする必要がありますので、インターネット上に公開されている専門サイトや代行業者のホームページを見てみましょう。
専門サイトとは会社設立に関する情報に特化したサイトで、会社設立代行業者の情報をたくさん掲載しており、どんな業者があるのか探したいときに便利です。
そしていくつか気になるところが見つかったらホームページへ行って内容を確認し、最終的に申し込みをするところを選んでください。
また、必ずやっておかなければならないのが直接コミュニケーションを取って決めることで、インターネット上の情報だけを頼りに申し込むのは危険です。
なぜならインターネット上の情報はサービスを提供している側から発信されているものが圧倒的に多いですし、口コミなども参考にはなりますが、あくまでも個人の感想なので自分が利用したときに感じる印象とは違うかもしれないからです。
どれだけ便利な時代になったからと言っても、人対人になるのであれば直接話して決めた方が利用しはじめてからもこんなはずじゃなかったと感じる場面は少ないはずです。
初めての会社設立となると、予想していなかったことの方が多いですし、そこで安心して任せられるようなところなら心強いでしょう。

そして会社設立代行業者の中には税理士と顧問契約を前提に利用するところもありますが、これは基本的に単独の会計事務所であることが多いですから、その後も長く付き合っていくことになります。